ファーストコンサルティング トップページへ ファーストコンサルティング トップページへ EC-Next トップページへ

EasyCartご利用規約

  EasyCartご利用規約

第1章 総督

第1条 会員規約

この会員規約は、株式会社ファーストコンサルティング(以下を「甲」といいます)が提供するショッピングカートレンタルサービス「イージーカート」(以下を「本サービス」といいます)を、第5条所定の会員(以下を「会員」といいます)が利用することについての一切に適用します。

第2条 本規約の範囲

  1. 本規約は甲が必要に応じ、会員に通知せず変更・追加できるものとし、会員はその内容の一切を承諾するものとします。
  2. 甲があらゆる方法で会員に対して伝達する内容の一切を、会員は本契約の一部と承諾するものとします。

第3条 甲からの通知

  1. 甲は、オンライン上の表示、その他甲が適当と判断する方法により、会員に対し随時必要な事項を通知します。
  2. 前項の通知は、甲が当該通知の内容をオンライン上に表示・伝達した時点より効力を発するものとします。
  3. 甲がオンライン上の表示、その他甲が適当と判断する方法で会員に通知した場合において、通信事業者若しくは接続業者の責任に帰すべき事由で、通知が妨げられたとしても、甲は一切その責任を負いません。

第4条 本規約の適用期間

本規約の適用期間は、入会承認通知書記載の入会日から3ヶ月間とし、以後、会員より2ヶ月以上前までに第10条所定の解約手続きによる解約の届出がない場合は、期間満了のときより3ヶ月間自動的に更新されるものとし、以後期間満了毎同様に更新されます。

第2章 会員

第5条 会員

  1. 会員は、以下のいずれかに該当する者をいいます。
    1. 甲に本サービスへの入会を申し込み、甲がそれを承認した者。
    2. 甲が別途定める方法により、甲が本サービスへの入会を承認した者。
  2. 会員は、甲が入会を承認した時点で、この会員規約の内容を承認しているものとします。

第6条 入会の承認

  1. 甲は、別途定める方法にて入会申し込みを受け付け、必要な審査・手続などを経た後に入会を承認します。
  2. 入会に必要な審査・手続などが完了するまでの間、入会申込をした者(入会申込の対象者となる者を含み、以下「入会申込者」といいます)は、本サービスの機能の内、甲が別途定める機能を、この会員規約に基づき利用することができます。 但し、このことは甲が入会を承認したこととはみなされません。

第7条 入会の不承認

  1. 甲は、審査の結果、入会申込者が以下のいずれかに該当することがわかった場合、その者の入会を承認しないことがあります。
    1. 入会申込者が実在しないこと。
    2. 入会申込をした時点で会員規約の違反などにより会員資格の停止処分中であり、または過去に会員規約の違反などで除名処分を受けたことがあること。
    3. 入会申込の際の申込事項に、嘘偽の記載、誤記、または記入漏れがあったこと。
    4. 入会申込をした時点で本サービスの利用料金の支払を怠っていること、または過去に支払を怠ったことがあること。
    5. 入会申込の際に決済手段として当該入会申込者が届け出たクレジットカードがカード会社により無効扱いとされていること、または甲の指定する立替代行業者が当該入会申込者との立替払契約の締結を拒否したこと。
    6. その者が未成年者、被保佐人、成年被後見人のいずれかであり、入会申込の際に法廷代理人または保佐人の同意などを得ていなかったこと。
    7. 甲の業務の遂行上または技術上支障があるとき。
  2. 前項により甲が入会の不承認を決定するまでの間に、当該入会申込者が本サービスを利用したことにより発生する利用料、その他の債務(本サービスを利用することにより発生した売買の代金回収後の未発送商品も含みます)は、当該入会申込者の負担とし、当該入会申込者は、第4章の規定に準じて当該債務を履行するものとします。

第8条 権利譲渡の禁止

会員は、本サービスの提供を受ける権利を第三者に譲渡または貸与することはできません。

第9条 変更の届出

  1. 会員は、入会申込をした時点以降に入会申込する際に届出た情報(以下「会員情報」といいます)に変更が生じた場合、甲が指定する方法により会員情報を変更するものとします。
  2. 前項届出がなかったことで会員が不利益を被ったとしても、甲は一切の責任を免除されるものとします。

第10条 会員の退会及び解約

  1. 会員は解約を希望する月の1ヶ月以上前までに甲の定める方法によりその旨を届け出るものとします。
  2. 会員資格は、一身専属性のものとします。

第11条 通信設備など

会員は、自己の費用と責任において、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となるすべての機器および他のサービスを準備し、本サービスを利用するものとします。

第3章 会員の義務

第12条 自己責任の原則

  1. 会員は、自己のIDにより本サービスを利用してなされた一切の行為およびその結果について、当該行為を自己がしたか否かを問わず責任を負います。
  2. 会員は、本サービスの利用に伴い他者(国内外を問いません。また、会員に限りません。以下同様とします)から問合せ、クレームなどが通知された場合は、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
  3. 会員は、他者の行為に対する要望、疑問もしくはクレームがある場合は、当該他者に対し、直接その旨を通知するものとし、その結果については、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
  4. 会員は、本サービスの利用により甲または他者に対して損害を与えた場合(会員が会員規約上の義務を履行しないために他者または甲が損害を被った場合も含みます)、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。

第13条 パスワードなどの管理

  1. 会員は、甲から発行された自己のIDおよびこれに対応するパスワードを自己の責任で管理するものとし、その管理不十分、使用上の過誤、他者の使用などによって損害が発生したとしても、当該会員がその責任を負うものとし、甲はその一切の責任を負いません。
  2. 会員は、自己の設定したパスワードを失念した場合は直ちに甲が指定する方法で申し出るものとし、甲の指示に従うものとします。

第14条 著作権

  1. 会員は、甲の提供する本サービスに関する各コンテンツの著作権、その他の知的財産権は、甲あるいは各コンテンツの主宰者に帰属するものとし、また、各コンテンツの集合体としての本サービスの著作権、その他の知的財産権は、甲に帰属するものとします。
  2. 会員は、本サービスの利用により享受される著作物を、著作権法、その他の法律で許された範囲内でのみ使用するものとします。 会員が著作物の使用、改変、複製、頒布、その他の行為により著作権法、その他の法律に違反し、若しくは他者の著作権を侵害した場合には、当該会員がその責任を負うものとし、甲がかかる違反若しくは侵害により損害を被り、若しくは被るおそれがあるときは、甲を防御、免責、補償するものとします。

第15条 禁止事項

  1. 会員は、次の項目を行ってはならないものとします。
    1. 他の会員または他者に対し、財産権(知的財産権を含む)の侵害、プライバシーの侵害、誹謗中傷、その他の不利益を与える行為
    2. 会員及び他者の著作権、肖像権、その他権利を侵害すると判断される行為
    3. 本サービスに支障をきたすおそれのある行為、その他甲が不適当と判断する行為
    4. わいせつなど、公序良俗または法令に違反する行為
    5. 特定商取引に関する法律に基づく表記を未表示のまま販売する行為
    6. 販売業者・販売責任者・所在地は、本サービスの会員情報と違う情報を記載する行為
    7. 甲の提供する本サービスと同種または類似の業務を行う行為
    8. 甲の提供する本サービスの機能の全てまたは一部を再販売する行為
    9. 犯罪に結びつく行為
  2. 会員は、次に該当する商品およびサービスを販売してはならないものとします。
    1. 商品券、プリペイドカード、印紙、切手、回数券、その他の有価証券などの金券類
    2. 無限連鎖講(ネズミ講)に類似するとみなされる商品およびサービス
    3. 製造元不明の商品
    4. 不正コピーをした商品およびサービス
    5. 18才未満の者に販売することを禁止されている商品およびサービス
  3. 会員は、次に該当するサイトにおいて、本サービスを利用してはならないものとします。
    1. アダルトサイト、違法な情報を扱うサイト、公序良俗に反するサイト。
    2. 出会い系サイト。
    3. 特定の政治、宗教に関するサイト。
    4. 特定の個人、法人などを批判する内容を含むサイト。
    5. 金融、投資、賭博などに関するサイト(上場企業及びその連結対象会社が運営するサイトは除く)。クレジット枠の現金化等もこれに含まれます。
    6. 18歳未満アクセス禁止または禁止対象と認められるサイト。
    7. 「簡単にお金を稼げます」といった内容、またはそれに類する内容を扱うサイト。特に、運営者の住所・氏名または社名などの情報を記載していないサイト。
    8. ネットワークビジネスまたはそれに類する内容を扱うサイト。
    9. 開業、副業、小遣い稼ぎ、在宅ビジネスまたはそれに関連する内容を扱うサイト。
    10. スパムや未承諾広告メールからリンクされているサイトや、リンクされたページを含むサイト。
    11. 開業に関する内容を扱うサイト。

第4章 利用料金

第16条 本サービスの利用料金

  1. 本サービスの料金及び関連費用(以下、「利用料金」という)は、以下の項目からなります。
    1. 月額利用料:会員が、本サービスの対価として支払う月額費用です。
  2. 前項の月額利用料は、別途甲が定めるとおりとします。

第17条 消費税

会員が甲に対し、利用料金を支払う場合、支払を要する額は、当該利用料金の額に消費税を加算した額とします。

第18条 利用料金の決済

  1. 会員は、甲に対し、本サービスの利用に係る前条に規定した料金などを、次の各号のとおり支払うものとします。
    1. 月額利用料金について会員は甲に、甲の指定する方法で、甲の指定する期日までに支払うものとします。
    2. 会員が、利用月内に利用内容の変更を行い利用料金に変更が発生した場合、甲が会員に対し請求する当該月の利用料金は、利用内容の変更前または変更後の利用料金を比較しどちらかが高い場合、高い方の利用料金を請求するものとします。
  2. 会員から甲に支払われた本サービスに関する一切の料金などは、理由の如何を問わず返還しないものとします。
  3. 甲が本条に規定する料金の変更を行う場合は、甲は会員に1ヶ月前までに通知するものとします。

第19条 遅延損害金

  1. 会員は、本サービスの料金などの支払を遅延した場合は、遅延期間につき未払額に対する年率14.5%の割合による遅延損害金を甲が指定した日までに指定する方法で支払うものとします。
  2. 前項支払に必要な振込み手数料、その他の費用は、全て当該会員の負担とします。

第5章 運営

第20条 甲によるサービス提供の停止

  1. 甲は、会員が以下のいずれかに該当する場合は、当該会員の了承を得ることなく当該会員に対しての本サービスの提供を停止することができます。
    1. 申込に当たって虚偽の事項を記載したことが判明したとき。
    2. 本サービスの料金などまたは遅延損害金などを支払期日を経過してもなお支払わないとき。
    3. 会員が他者に対して迷惑行為を行ったとき、若しくは他者から会員に対して抗議があったとき。
    4. 第15条所定の禁止事項の規定に違反すると提供者が判断したとき。
    5. 会員が、仮差押、差押、再生手続、破産、会社更生などの申立をし、またはこれを受けたとき。
    6. 会員が支払停止に陥ったとき。
    7. 電話、FAX、電子メールなどによる連絡がとれないとき。
    8. その他甲がやむを得ないものと認めたとき。
  2. 甲が前項の借置をとったことで、当該会員が本サービスを利用できず、これにより損害が発生したとしても、甲は一切の責任を免除されるものとします。

第21条 データの削除

甲は、利用容量に余裕がなくなるおそれがあるときは、何らの補償をすることなく、また、会員の承諾を得ずにそのデータ領域に蓄積されている会員のデータまたはその他の情報を削除することがあります。

第22条 バックアップ

  1. 甲はサーバーの故障・停止時の復旧の便宜を図るために備えて会員の登録したデータの複写を保管することがあります。
  2. 会員が登録したデータが、サーバーの故障・停止時や戦争、停電、天災、その他の非常事態などによりデータの消失、若くは消去されるなどして、会員が不利益を被った場合でも、甲は一切の責任を免除されるものとします。
  3. 会員は、データの消失、若くは消去に備えて会員が登録したデータを定期的に複写をし、保管するものとします。

第23条 サービスの中止

  1. 甲は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、会員に事前に通知することなく、一時的に本サービスの提供を中止することがあります。
    1. 甲の電気通信設備の保守上または工事上やむを得ないとき。
    2. 甲の電気通信設備にやむを得ない障害が発生したとき。
    3. 第1種電気通信事業者または甲の指定する提携企業が電気通信サービスの提供を中止することにより本サービスの提供を行うことが困難になったとき。
  2. 甲は、前項各号のいずれか、またはその他の事由によりサービスの提供が遅延または中断などが発生したとしても、これを起因とする会員または他者が損害を被った場合でも、甲は一切の責任を免除されるものとします。

第24条 サービスの廃止

  1. 天災、障害、不測の事故など、甲により復旧が困難と判断された場合、甲は本サービスを廃止または休止することができます。
  2. 甲は、1ヶ月前までに会員に通知することで、甲の都合により本サービスの全部または一部を廃止または休止することができます。
  3. 本サービスの廃止により、会員が損害を被った場合でも、甲は一切の責任を免除されるものとします。

第25条 免責

  1. 本サービスの内容は、甲がその時点で提供可能なものとします。甲は、甲が提供するデータなど、他者が登録するデータなどについて、その完全性、正確性、適用性、有用性、安全性などに関し、いかなる責任も負いません。
  2. 甲は、1ヶ月前までに会員に通知することで、甲の都合により本サービスの全部または一部を廃止または休止することができます。
  3. 第20条、第21条、第22条、第23条、前条および前2項の他、甲は本サービスの利用により発生した会員の損害(他者との間で生じたトラブルに起因する損害を含みます)、および本サービスを利用できなかったことにより発生した会員または他者の損害に対し、いかなる責任も負わず、損害賠償義務を一切負わないものとします。
  4. 会員は、オンラインショッピングの内容、質、取引の安全、債権回収などの一切につき、自己の責任と費用で対処し、甲は一切の責任を免除されるものとします。
  5. 甲は、利用者が会員に対し、代金未払いとなった場合、回収義務の責任を免れるものとします。

第26条 サービスの制限

  1. 会員は、天災、事変、その他の非常事態の発生により、通信需要が著しく輻輳し、通信の一部または全部を接続することができなくなった場合には、公共の利益のために緊急を要する事項を内容とする通信を優先的に取り扱うため、本サービスの提供を制限し、または中止する措置を取ることがあります。
  2. 本サービスを利用する会員は、甲の電気通信設備に過大な負荷を生じる行為をしてはならないものとします。このような行為があったときには、甲は会員の利用を制限することがあり、更に会員に対して損害賠償請求をすることがあります。
  3. 会員は、本サービスへの入会申込の経路・手段によっては、特定のサービスを利用できないなどの制限を受ける場合があることを承諾するものとします。

第27条 サービスの変更

  1. 本サービスの内容は、甲がいつでも事前の予告なく、変更できるものとします。

第6章 個人情報・機密保持

第28条 機密保持

  1. 甲は、利用契約の履行に際し知り得た会員の業務上の機密(通信の秘密を含む)を、法令に基づく場合を除き、他者に漏らしません。
  2. 会員は、本サービスに入会することで知り得た本サービスの会員専用画面などの機密を他者に漏らしてはならないものとし、会員はこれを承諾したものとします。

第7章 その他

第29条 合意管轄裁判所

会員と甲の間で訴訟の必要が生じた場合、名古屋地方裁判所を合意管轄裁判所とします。

2004年2月1日 制定

※規約に同意していただける場合のみ、お申し込みください。
  規約に反する内容のご登録をされても、断りなく退会処理をさせていただくことになります。

申し込みする お申し込みページへ

お問い合わせフォームはこちらから